ポカリスエットはわたしの最大の友、そしてチームメイト!

土曜日や週末、祭日の出勤はワクワクだ。

なんでかって?

列車が混まないからだ!

朝方のラッシュって実に辛いんですよね。

自身、何たび倒れそうになった現象やら…。

ぎゅうぎゅうに押し込まれて押されて

温かくなって、健康がポテッとしだして

「あ、このままだったら倒れる」と憧れ

何度もまっ最中降車した経験があります。

何より、秋冬に目覚めるんですよね。

外側は寒いから外套とかニット着ているのに

列車内部は人のやる気でぽっかぽかだから

暑くて暑くて倒れそうになってしまうんです。

あんな経験した現象ある人様いますか?

私だけなのかな?って思うんですよね。

…後ろめたい。

だから、休暇祭日出勤大好きです!

今日は、帰宅するときは室温の効いた

気持ち良い車内で役回りの疲れが癒されました。

また、ウィークデーが始まってしまう…。

室温が入ってるようですが

通勤や帰郷ラッシュではすでに不可能…。

そんなこんなで自身はポカリスエットを取り出し

ポテッとしてつんのめるのを防いでいる笑。

みなさんも気をつけて下さいね!サンスターの青汁を売ってる店

ダイソーの符号フックでお利便マウスバンジー

マウスバンジーは自体空白知られていませんが、マウス符号を引っ掛けて釣るような形で取り扱うための製品。

符号がさっぱり!というわけではなく、マウス符号をぶら下げるようにしてマウス操作のときの符号からの反発を無くそうというものです。
無線マウスによることがあれば聞き取れるんですが、あんまり符号の反発は普段のマウス操作へ影響を与えているんです。
ただしプレイでは一部のハイテクマウスを除いては無線は向かないといったいわれてあり、何より遅刻が許されないFPSではおそらく100パーセンテージ有線マウスが使用されています。
マウスバンジーはそういったゲーマー専門により望ましいマウスコントロールを提供するためのものです。

とはいえ素人読者もあれば快適に使える商品なら使いたいと思い物色するものの2000円上記するのでなかなかおっきい。
ですが釣る考えというのもしりたいのでダイソーの符号フックを通じて相似マウスバンジーを監修。
手順はいたって簡単で、マウスの真っ向の困難に符号フックを貼り付けて、マウス符号を引っ掛けるだけです。
ポイントはマウスパッドの幅程度の高さを塗る要素。低すぎるという符号が浮かない上に、傍らに振ると引っかかってしまう。
これだけで更に反発がなくなりますし、客席の繋がりに符号がすれることが涸れるので繋がりが削れることもありません。お金を借りる ネットで